· 

50代60代女性の小さな起業は集客より先にやることがある・個人事業の始め方

個人事業・副業・小さな起業を考えたときに集客を先にやってはダメなわけ

 

ここ数年前から感じていたことがありました。

 

女性がキラキラしている起業が流行っているようでしたが、それは何かを売りたい人の戦略でしかないと…

あっという間に増殖して行きましたので、ネットワークビジネス的な仕組みか、アフィリエイト的な何かかなと…

 

そして起業をするならSNSを始めとするWebツールを使うテクニックが先行し、小さな起業や個人事業の本質的な部分が後回しになっていると…

 

同じようにキラキラして自撮りして、こんなのしましたと晒すだけが起業ではないのにと…

本当に忙しい個人事業主さんはそんなことをする暇もないと…

 

全ての人に同じやり方が当てはまるとは思えないのにと…

50代60代女性なら、逆に苦手意識だけが植え付けられてしまうのではないかしらと…

 

そんなことを感じてはいましたが、否定はしたくありませんし、まずは形から入るのも大切なことですし、中にはきちんとビジネスの仕組みを教えている方もいらっしゃるでしょうし、実態は分からないので特に意見を書くのは控えていました。

 

ただ、普段から個人個人のお仕事内容や、お客様との関係や年代に合わせたWebツールの使い方を提案し、それぞれに最適化したやり方をお伝えしてきましたので、いつかそのことについて思うことを書いてみたいと考えてはいました。

 

確かにどんなお仕事でもお商売でも、集客するのは簡単ではありません。

簡単にできそうな方法を学びたくなるのも分かります。

 

簡単に集客できそうなことを煽りますが、実はSNSで集客することは大変手間がかかりますし、継続することは簡単ではありません。

そのうちSNSをすることが目的になってしまうということにならなければ良いのですが…

 

小さな起業、個人事業が目的なら、本来はそのお仕事・サービスそのものの質を磨いておく必要があります。

それには時間も手間もかかります。

だからこそ個人事業を始めるなら、数年前から準備しておくことが無理なくできる形であるとは思います。

 

そしてお仕事やサービスの内容によってはWebで集客するより先に大切なのは、経験を積み上げていくことの方です。

この積み上げることをしっかりやれば、小さな起業や個人事業ではホームページとブログだけでも良いと思っています。

 

スポンサーリンク

個人事業を始めて10年以上

 

初めて民間資格を取ったのが2007年のことでした。

当時、新しい職場でその資格を使って体験会などを開催したいとの想いからでした。

 

実際に資格を取ってから体験会が開催できるまでは数ヶ月かかりましたが、初めて開催できた時の喜びは忘れられません。

時間がかかったのは、会社に企画書を提出し、稟議が通るまで何度かやりとりが必要だったからです。

 

その後、講師活動をするためにホームページやブログを用意し、カルチャー講師も始めました。

そして2011年くらいからは、個人事業主に取って必要と思われる勉強会や交流会などを、数名で一緒に開催するようになりました。

 

Web関係の進化も目まぐるしく、mixi、アメブロ、フェイスブックなど次々新しいものに変遷し、まずは使い方と立ち位置を明確にするために勉強会などを開催していました。

同時に小さな体験会や、カフェイベントなども企画し、徐々に大きなイベントも開催するようになりました。

 

2012年にエアブラシボディアートに出会い、子どもの笑顔に会うのが楽しくてイベントに出店するようになりました。

2013年から関連商品を、必要してくださる全国の方々に販売するようにもなりました。

 

並行して、地元でイベントを他の方々と開催したり、また大きなイベントのお手伝いも頼まれるようになりました。

 

そして次第に自分も講師としてホームページの作り方の勉強会などを開催するようになりました。

ホームページの作り方を伝えても出来る人と出来ない人がいるということが分かり、代わりに作って差し上げるようになりました。

 

これまで勉強会を実際に開催してきた経験と、様々な方々との出会いから学んだことと、ホームページを作りながら小さな起業を応援してきたことが、今に繋がっています。

 

継続できたのは、次々にやりたいことを形にしたいという想いと…

 

これまでを振り返って、ここまで継続できたのは、ただその時々の『やりたいこと』を何とか形にして、誰かに喜んでもらうこととお役に立てることをやりがいとしてきたからだと思うのです。

 

最初の資格を取った時も、会社のある場所である体験会を開催したい、そして◯◯さんたちに喜んでもらいたいという想いが明確にありました。会社の稟議がなかなか通してもらえなくて、ひたすら待ち続け、その間に早くやりたいという想いを膨らませていました。

 

カルチャー講師になると様々な分野で活躍されている講師の方々と知り合うことが増えました。

そんな方々ともっと知り合うためにこんな交流会があったら良いのにな、という想いから開催していました。

 

私が学びたいことは、きっと講師の方々も知りたいだろうと思い、勉強会も開催してきました。

 

純粋にやりたいという想いと、喜んでいただけるという気持ちだけで動いていました。

 

イベントは講師活動を始めた時から、生徒さんが実際に実技を対面でやってみる喜びを体験して頂きたいとの想いで開催していました。

そして他の講師の方々とコラボでイベントなどを開催するようにもなりました。

 

いろんな方々にお声がけ頂いたことは今でも感謝しております。

 

ボディアートも楽しくて、誰かとこの楽しさを共有したい、知ってもらいたいという想いから、イベントに出るようになりました。

そしてそのうちある商品を全国の必要としてくださる方々へ販売してきました。

そのうちご紹介いただけるようにもなりました。

ちなみにこの時使ったWebツールはホームページ・ショップサイト・ブログ・YouTubeです。Facebookなどでは一切宣伝していません。

 

ホームページの作り方を教えたのも、自分がJimdoで4つほどホームページを作って結果が出るし面白いし、これはぜひ他の講師の方々にもお伝えしたいと思ったからです

 

代わりに作成を代行するようになったのも、自分で作れない方々をお手伝いしたいという想いからです。

そうするうちにご紹介もしていただくようになりました。

 

 

何を伝えたいかというと、小さな起業とか副業とか、呼び方はなんでも良いのですが、自分でお仕事を形にしていきたいと思ったら、

自分のやりたいという想いと、誰が喜んでくださるのか、誰のお役に立てるのかということが明確でなければ続かないということです。

 

ビジネスは単純明快です。

役に立つと言ってもらえる、喜んでもらえる、楽しんでもらえる、代わりにやってあげるので楽になってもらえる…

 

お客様とそんな関係を育むことです。

 

やりたいことに、たまたま誰かの笑顔があっただけ

 

私の場合、どちらかと言うと自分が面白い、やりたいと思ったらすぐに行動に移してしまっただけで、そこにたまたま喜んでくださる人がいた…そんな感じでやってきました。

 

たまたまと言うと語弊があるかもしれません…

私が困っていることは、他の講師の方々も困っているはずと考えて勉強会などは開催していたのですから。

 

やりたい!と思ったら採算度外視で、とにかく実行する。

そして実行してみたら、喜んでいただける方々がいた…

その方々からまたやってほしいとか、次はこんなのをやってほしいと言う声を頂く。

だからまた次をやりたくなる!

そして企画して開催し、次に続いていく…

 

先に行動!そしてフィードバックを頂いて、次に生かしていく

まさにPDCAサイクルです。

ですが、それを全然意識せずにただ動いていました。

 

そこにあまり自分の儲けや、得になる仕組みを入れていなかったのが、未だにこじんまりしている理由でしょう。(笑)

 

実際に他人にうまく利用されたり、巧みに嵌められたりもしましたので、頭の良い人は一歩も二歩も先を読んで、しっかり周りを利用していくのだなということを身をもって知りました。

良いことばかりではなく、嫌なこともありましたが、その全てから学びました。

 

学びはしましたが、自分には人をうまく利用することなど出来ません。

なぜかと言うと、それは私が面白いと感じることではないからです。

 

私の原動力が、自分がやりたい!であり、そこから全てが始まるからです。

追い詰められてやり抜いたこともありますが…結局はやりたかったことです。

 

小さな起業の本質はツールの使い方を学ぶことではない

 

今から思えば、様々な勉強会を開催してきましたが、それはただのツールの使い方であったように思います。

ホームページ然り、アメブロ然り、フェイスブック然り…

 

講師をお招きして開催はしていましたが、その講師のステップアップとしても上手く利用されていたなと思います。

 

個人事業のお仕事の本質は、まず自分がやりたいこと、そしてお客様を喜ばせること、単純にこの二つです。

 

まずこの二つの実体験が無ければ、続けることも広げることもできません。

 

集客というのは、自分のお仕事を知ってもらうためのテクニックです。

看板、メニュー表、チラシ、ホームページ、ブログ、広告、動画、音声、SNS…

そういうものをどれだけ集客に効果的に活用できるかのお話です。

 

ただ個人事業であれば、お客様は自分がこなせる数だけで良いはずです。

一般企業がやるような集客数や大々的な広告などは必要ないと考えます。

 

もちろんお仕事内容にもよりますので、全ての方々に集客のテクニックが必要ないというわけではありません。

お仕事の規模が大きくなっていけばそれはまた別のお話です。

 

そして個人事業を大きくしたいのなら、また形を変えていく必要があります。

一言で言うと一部を自動化していくなどの必要があると言うことです。

その段階で効果的な集客テクニックがあれば良いでしょう。

 

最初は目の前のお客様だけに集中することです。

 

集客テクニックを学ぶ前にしておかなければならないこと

 

話は元に戻します。

 

例えばサロンなどのお仕事であれば、1対1です。

そしてお一人お一人がリピートしてくださることが最も大切なことです。

 

すなわちお客様に喜んでいただけることであったり

お客様のお役に立てることであったり

お客様が出来ないことが出来るようになることであったり

 

そうやって、まずはお客様に喜んで頂けることが大切です。

そうすれば、またご利用していただけます。

 

ということは小さな起業・副業・お仕事を始めるときに一番大切なことは…

この最初のお一人に喜んで頂き、気に入って頂き、繰り返し利用して頂けるようになることです。

 

ところが最初から100パーセント完璧には出来ません。

だから最初はご家族やお友達や身近な知り合いに、モニターになって頂き、声を頂き、改善して良いものにしていく必要があります。

 

これはなかなか時間がかかりますし、丁寧に丁寧に自分の腕を磨いていかなければなりません。

だから準備に時間をかけて欲しいのです。

 

私もいきなり個人事業を始めたわけではありません。

会社務めを続けながら休日に勉強したり、体験会やイベントに参加したり、他の講師の方々について学んだりしていました。

 

休日なしでやり続けましたが、新しいことを学べることは楽しいことでした。

でもそうやっていたおかげで、リーマンショックの後すぐに講師活動をすることができました。

 

さて、サロンであれば、自分の技術もそうですが、部屋の配置や導線、接客の内容や質、クロージング、会話、等々

やればやるほど解決しなければならない問題はいろいろ出てくるはずです。

だからこそ回数もこなしていかなければならないでしょう。

 

さらに言えば、学んだことをそのままただ漫然とやっていては、お客様は飽きてしまいます。

飽きさせないように、技術を磨いたり、知識を深めたり(※1)して、しっかり自分のものにする必要があります。

 

これが出来ていないのに集客するテクニックを学んでも無駄なのです。

それに本当に喜んで頂けると、あとはご紹介頂いたり口コミで広がっていきます。

 

もちろんご紹介いただけるような仕組みや心遣いは必要です。

リピート率が90パーセント以上だと、ほぼ集客する必要もありません。

 

このご紹介いただけるようになった時には、せめてホームページはあったほうが良いでしょう。

 

例えばその先、サロンをやっていた方のフェーズが変わって、オリジナルの技術を広く伝えたい、そのためのDVDやテキストを販売したいとなった場合に、集客テクニックが必要になるかもしれません。

 

ただこれも、そこまでに誰とどのような関係を築いてきたかによっては、集客する必要も無いかもしれません。

 

※1:知識を深めるということを、ただ学んだことを暗記するだけと思っている方がいます。

そうではなく学んだことを自分なりに考察したり、調べたり、真逆の意見と対立させたり、自分の中で自分の言葉にすることです。

ただ『先生が◯◯と言っていたから』…では、全然説得力がありませんし、お話になりません。

しっかり信頼してもらえるような深みのある専門家になることです。

またお客様を飽きさせないようにとメニューをあれこれ増やしても、結局浅い知識のものばかりになると、他の専門家のところに流れてしまうので逆効果です。

 

スポンサーリンク

まずは人を相手にしてみよう(サービスを提供する体験)

 

50代60代女性、これからますます小さなお仕事や副業など、個人事業について考える方が増えると思うのです。

 

リーマンショックの後に私はカルチャー講師をしていましたが、女性はたくましいなと思いました。

あの当時多くの男性は首切りの恐怖に怯え、しょげかえっているのに、女性は今のうちに資格を取っておこう!と考え、カルチャーなどに習いに来るわけですから…

 

女性たちは、派遣切りなんて女性は当たり前に今までもあったのだから、別にリーマンだからといって怖くない、今のうちに何か身に付けようと考えるよね、と笑い飛ばしていました。

まさに今も定年前の女性やお若い方々はそのような感じで、小さな起業や個人事業を考え始めているのではないでしょうか?

 

そこで、まず雇用されていた方々が個人事業を始めたいと思った時には、いきなり転職するのではなく副業として始めてください。

そしてまず最初は、やりたいサービスでリアルな人を相手することから始めてください。

ご家族や知人、知り合い、お友達、それが嫌なら同じような学びをしている人同士でモニターになるなど…

 

イベントに出るなどしても良いでしょう。

(私はボディアートは最初は無料で企業のイベントに出させていただきました)

実際の声をもらい、意見を生かして改善し、とにかくお客様に満足して頂けるようにすることが一番大切です。

 

そのサービスをしっかり育てて確実に喜んでいただけるものにしていきましょう。

 

時間はかかります。

時間はかかりますが、しっかりした土台の上に建っていくものは結局頑丈なものになるのです。

 

個人事業は個人と個人との信頼の上に成り立つものです。

上っ面の集客テクニックで人を集めてもボロが出るだけです。

 

リピートがつかない人は集客テクニックに走りがちですが、それでは永遠にSNSの作業に追われることになり、さらに技術を磨くことを疎かにしてしまいます。

リピートがつかないのはお客様を満足させていないからです。

まずは自分の技術や接客、サービスそのものにとことん向き合い、磨いていくことが大切です。

 

やりたいことに早く出会おう

 

やりたいことにまだ出会えていない人は、とにかく早く出会ってください。

これまでの人生で誰かに喜んで頂けたことはありませんでしたか?

どんな小さなことでも良いので思い返してください。

 

今までの職場で、お客様に喜んで頂けたことはありませんでしたか?

お友達やご家族に喜んで頂けたことはありませんでしたか?

 

または自分自身が興味があることや、自分が乗り越えてきたことで誰かに提供できることなどありませんか?

 

とにかく採算度外視でまずは誰かに喜んでもらえることをしてみてください。

この誰かに喜んで頂けるという経験は結構クセになります。

 

くれぐれもその時に周りの雑音は耳に入れないようにしてください。

私も散々言われました。

 

『そんなん儲からへんやん』→やったことがない人に何が分かる(この楽しさはあなたには分からない)

『そんなことやって(暇で)優雅やね』→少なくとも旦那の扶養に入っているあなたよりは時間はない

『そんなことやってもお金にならへんやん』→お金になるようにしてやろう!と思った

『イベント出ても儲からへんし仕事にならへんやん』→この場の儲けだけを考えているわけではない

『よくそんなことやってあげるね』→そう言われたことは海外へつながりました

 

他人の声というのは、そのほとんどが個人事業をやったことがない人の無責任な声です。

本当に心配で言ってくれることもあるかと思いますが、他人の声で動けなくなるくらいなら個人事業などやめておきましょう。

 

本当に聞くべき声は小さな起業や個人事業をされている先輩方の声でしょう。

周りの個人事業を知らない人に聞くのではなく、知っている人に聞くべきでしょう。

 

小さな起業についてのご相談を伺っております

セッション付き有料ステップメールの販売を始めました

 

今だけセッション付きのステップメールを販売しております。今だけ500円、今だけ90分付き、いつまでかは未定です。

貴女のお話をぜひお聞かせください。

起業をしている方も、これからの方もぜひ自分と向き合う作業をしてください。→ありがたいご感想はこちら

 

個人事業・小さな起業・自分サイズ起業のその後を考えるバナー

無料のZOOMお話会を開催しています

 

何か始めたい方、変わりたい方、違うことをしてみたい方、起業ではないけれど新しい活動をしてみたい方、人の話を聞いてみたい方、いろんな立ち位置の女性が集まって、その時々の悩みや展望をお話しします。自分の立ち位置が分かるお話会です。(無料)

毎月開催する予定です。→勉強会などの予定はこちら

 

個人事業や小さな起業を始めたい、変わりたい人のお話会のバナー

関連ページ


音声データPodcastと動画

夢・未来創造チャンネルをTT姉妹で運営しています。