· 

StreamYard(ストリームヤード)の設定方法と日本語表示のやり方

◆StreamYard(ストリームヤード)で対談形式動画撮影にチャレンジ

 

現在対談形式の動画が配信できませんので、ZOOMでやってみたりと試していましたが、ZOOMだと横長に二人が並びます。

また喋っている人だけを表示させる設定では対談形式っぽくありません。

試行錯誤していましたが、StreamYard(ストリームヤード)という便利なツールで撮影してYouTubeにアップできる事がわかりました。

 

一度にYouTubeやFacebookにライブ配信などもできるようですが、今は対談形式で動画を撮影しているだけです。

 

着物おばチャンネルに以前は二人で撮影した動画をアップしていました。

今はStreamYardで撮影した動画をスマホでサクッと加工してYouTubeにアップしています。

 

また新しいチャンネルやFacebookページにもアップしています。

ちょっと滞っていた作業ができるようになりましたので、楽しんでおります。

 

バナーを入れたりできますので、プロっぽいです。(センスにも寄ります)

あと、対談形式だと少しだけタイムラグが生じます。画像が特に・・・

ただこのタイムラグも相手によって異なりました(音声は全然問題ないものから、ワンテンポ遅れるものまで)ので、wifi環境のせいなのかパソコンのスペックによるものか、明確にはわかりません。

 

あと相手の音声を拾うとうるさいので、お互いにイヤホン(ヘッドセットがあればなお良いはず)でやってみました。

 


◆StreamYard(ストリームヤード)のログイン方法と日本語表示

まずはGoogleChromのブラウザから、右のStreamYard(ストリームヤード)のページに行きます。

左下にメールアドレスを記載します。

そのアドレスに、ログインコードが送られてくるので、それを記入するとログイン完了です。

StreamYard(ストリームヤード)のログイン画面

次回からは最初の画面ではなく、ログイン画面が開きます。

このログイン画面を見ると全部英語なので戸惑うのですが、画面上で右クリックすると日本語という表示が出ますので、それをクリックすれば日本語に変わります。

 

StreamYard(ストリームヤード)にログインした英文の画面

 

英語が全然ダメなので、困ったのですが、大丈夫でした。

 

StreamYard(ストリームヤード)を日本語に切り替えた画面

 

ただ録画するだけなら必要ありませんが、もしStreamYard(ストリームヤード)からライブ配信するのでしたら、先に目的地(ライブ配信先)を設定しておきます。

目的地とはライブ配信をする先のことです。

 

StreamYard(ストリームヤード)からライブ配信する先を選択する画面
スポンサーリンク

◆StreamYardの目的地、Facebookとの接続とFacebookページの設定

 

私はまずStreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先としてFacebookページに接続するために、Facebookにログインしました。

 

StreamYard(ストリームヤード)からFacebookページにライブ配信する接続方法の画面

 

個人ページにログインしたら、接続するFacebookページのリストが表示されます。

Facebookページが一つしかない時はそれしか表示されませんが、いくつかお持ちの場合は注意してください。

選択するFacebookページを選ばなければなりませんが、チェックを入れるのか外すのか戸惑いました。(おばさんは間違うねん)

 

 

間違った場合はFacebookの設定→ビジネス統合の画面から、どのフェイスブックページ(またはグループ)にStreamYard(ストリームヤード)を接続するのかを選択できます。(複数Facebookページがある場合はこちらで選択する方が楽です)

 

Facebookの設定画面からStreamYard(ストリームヤード)を確認する画面

 

StreamYard(ストリームヤード)の『確認・編集』をクリックすると、選択画面が出ますので、こちらで調整できました。

See all Pages』をクリックすると全てのページが表示されます。

 

StreamYard(ストリームヤード)と接続するFacebookページを選択する画面

 

選択したFacebookページがStreamYard(ストリームヤード)の目的地に表示されます。

 

StreamYard(ストリームヤード)の目的地(ライブ配信先)

 

他にもStreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先として接続しておきたいものがあれば目的地を追加しておきます。

 

◆StreamYardの目的地、YouTubeチャンネルとの接続

 

今度はStreamYard(ストリームヤード)のライブ配信先にYouTubeチャンネルを追加します。

 

StreamYard(ストリームヤード)とYouTubeを接続する場合

 

接続するアカウントを選択します。

このアカウントがチャンネルをいくつか持っている場合、少し設定がややこしかったです。

 

StreamYard(ストリームヤード)からライブ配信するFacebookページとYouTubeチャンネルが表示されている
StreamYard(ストリームヤード)からライブ配信するFacebookページとYouTubeチャンネルが表示されている

◆動画撮影のためにBroadcastStudioに入る方法

 

今度は動画を撮影するためにBroadcastStudioに入ります。

 

 

『ブロードキャストを作成する』とライブ配信先と、新しい目的地を追加、スキップ、録音のみという表示が出ますので、録音のみを選択します。

 

StreamYard(ストリームヤード)で動画を撮影保存するためにBroadcastStudioに入る画面

 

タイトルを求められますが記録用なので、ここではテストやデモンストレーションと記載し、CreateBroardcastをクリックします。

 

StreamYard(ストリームヤード)のbroadcastにタイトルを設定

 

ミュートを解除して、音声が入るかどうか、画面に自分が写っているかどうかをチェックしてBroadcastStudioに入ります。(ここでは画面を敢えて塞いでいますので写っていません)

 

StreamYard(ストリームヤード)のbroadcastに入る前にカメラとマイクをチェック

 

表示が変わりますが左下に『あなたはまだストリームの一部ではありません。クリックしてオーディオとビデオを追加します。』をクリックします。

左下の四角い画面にカーソルを置くと、+のマークが出ますのでこれをクリックします。

 

StreamYard(ストリームヤード)のストリームに自分を追加する

 

 

敢えて顔を隠していますので画面は黒いピンクですが、これでStreamYard(ストリームヤード)のBroadcastスタジオに入っている状態です。

 

StreamYard(ストリームヤード)のbroadcastというスタジオに入った状態
StreamYard(ストリームヤード)のbroadcastというスタジオに入った状態

 

ここからまだ使い方や、便利なバナーの設定など、いろいろあるのですが、今回は取り急ぎここまでをお伝えしておきます。

続きはこちらに記載しました。

 

◆プランについて

 

無料プランでも十分使えますが、有料プランになるとストリームヤードのバナーを外して、自分のバナーを設定できたり、複数のライブ配信を同時にできたりするようです。

詳細は下記のページでご確認ください。

プランはこちら

 

リンク先で右クリックして日本語表示にしてください。?にカーソルを置くと詳細が表示されます。(黒枠)

※ログインした状態でないと料金表は日本語表示されません。

 

StreamYard(ストリームヤード)の有料無料のプラン表

使い方や設定のお手伝いをしています

ジョイライフでは50代60代パソコン苦手な女性のWebサポートをしています。

使い方や設定の単発のお手伝いから長期のサポートなど、ご相談ください。

またこんなこと教えて頂けますか?という無料相談も開設していますので、まずはこちらをご利用ください。

Webサポートのページはこちら(こちらの無料相談から)


※情報は2020.4.11のものです。今後変わっている場合もありますことご了承ください。

 

スポンサーリンク

 

最後にStreamYard(ストリームヤード)で撮影した動画を2つ載せておきます。

着物おばチャンネルと夢・未来創造チャンネルです。

タイムラグの違いがお分かりになるかと思います。

まだまだ慣れないおばちゃんたちが、頑張っています。

 



 

StreamYard(ストリームヤード)で撮影した動画の編集はiPhoneのiMovieでやっています。

Windowsはムービーメーカーより『GOM Mix Pro 』が便利です。