· 

Zoomのサインアップとサインインの言葉の意味と違いについて

 

以前から、他府県の方とはSkypeやZoomを使ってサポートしたりやりとりをさせて頂いておりました。

 

今後、私たち世代(Over50)の方々にもお勧めしておりましたし、打合せやただのお話などにも全然使えますし、むしろ私たち世代にはその便利さを体験していただきたいと、考えておりました。

 

特に家庭で様々な問題を抱えて、家を離れ慣れない状況になった時でも、講師や先生方が遠隔でお客様に何か出来ると、それだけで可能性が広がります。

 

もちろん生徒やお客様に何か伝える時までに、ご自身がZoomを使えている必要があります。

だから早く使っておくほうが良いよとお勧めしておりました。

 

使ってみた上で、今教室やセミナーでやっている内容を、どのようにZoomに合わせて最適化しておくかを考えていけば将来的に可能性も広がります。

Zoomに合わせたメニューを、考えておけば将来的に『距離』という垣根を取り払える可能性もあります。

 

そんな想いもあってお勧めしておりましたが、世間のこの状況で一気にZoomを利用する方々が増え、セキュリティの問題なども露呈し、Zoom側も問題を改善し、Zoom祭り状態になっているようです。

 

3月、4月はZoomについてのお問い合わせに対応させていただくことも多くありました。

 

また着物倶楽部では、一般のおばちゃんたちもZoomを使えたほうが良いとの想いで、着物Zoom会議も企画しました。

受け入れていただけるかどうか不安でしたが、満席で開催することとなりました。

 

50代も60代もパソコンやスマホがあればすぐ使うことができますので、周りの方々と体験してほしいと思います。

 

ただやはり、言葉の意味が分からないとう方もいましたので、まずはサインアップとサインインの説明をしておきます。

 

Zoomの使い方については、今や検索すると溢れるほど出てきますし、前々から本をお勧めしておりますのでそちらを購入してみてはいかがでしょうか?

 

Zoomの使い方についての本をはこちらです。→世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

 

ミーティング(会議)に参加するのはアプリのダウンロードだけ

 

Zoomミーティング(会議)に招待してもらっているのでしたら、そのurlをクリックすると、自動的にブラウザが開いてZoomのサイトへ移動し、そこからアプリのダウンロードが始まります。

(ダウンロードはパソコンやブラウザによって少々異なるかもしれません。変更を許可したりしなければならない場合もあります。またアプリが立ち上がったときに名前の入力を求められるようになっているかもしれません。2020年5月確認)
 

スマホの場合は先にアプリをダウンロードしておいても良いと思います。

 

アプリのダウンロードが終わればアプリが開いて、パスワードが設定されているのであればパスワードを入力します。

後は会議の主催者(招待者)が許可することでミーティング(会議)に参加できます。

 

アプリをダウンロードしてミーティング(会議)に参加することができるので、ここまででサインアップもサインインもする必要がありません。

 

パソコンのブラウザでZoomのホームページが開いた画像でサインアップとサインインの違いを説明
パソコンのブラウザでZoomのホームページが開いた画像

 

自分がミーティングを主催する時にはサインインして、サインアップする必要があります。

 

スマホならアプリをダウンロードすると手っ取り早いかと思います。

 

有料プランと無料プランがありますが、まずは無料プランで十分でしょう。→プランについてはこちら

 

Zoomアプリの画像(スマホ)
Zoomアプリの画像(スマホ)
Zoomアプリの画像でサインアップとサインインの説明
Zoomアプリの画像(パソコン)

Zoom、サインアップとサインイン

 

Zoomのホームページに行きます。

Zoomのホームページはこちら

 

ここにサインアップは無料と記載されていますが、まずサインアップとサインインという言葉の意味とその違いが分からずに、迷われる方が多いと思います。

 

パソコンのブラウザでZoomのホームページが開いた画像でサインアップとサインインの違いを説明
パソコンのブラウザでZoomのホームページが開いた画像

通常、登録して利用するサイトの場合は、ログインして利用します。

そして初めて利用するときは、まずアカウントを作成(新規登録)してから、ログインして利用します。

 

サインアップサインインもこの新規登録ログインのことです。
まずは、メールアドレスを入力して、サインアップ(無料新規登録)をしておきます。


そしてミーティングを開いたり、利用するときは、サインイン(ログイン)して利用します。

サインイン(ログイン)して、名前などを登録しておくと相手にも分かりやすいかと思います。

 

サインアップしてサインインすると、一人ひとつミーティングID(個人ID)が割り当てられます。

 

ただこの個人IDはあまり使わないほうが良いそうです。
(個人IDを知っている人なら誰でも入れてしまうという問題がありますので)

 

ミーティング(会議)ごとにミーティングIDを設定し、パスワードをかけて、招待する人に送るやり方がお勧めです。

 

ここではミーティング(会議)の開催方法にまでは触れません。

Zoomはブラウザの画面と、アプリの画面があるということが、最初は少し混乱するのかも知れません。

そしてその両方で設定画面がそれぞれにあります。

 

アプリの方で簡単に設定して、詳細設定が必要になるとブラウザの画面の方に移動します。

 

利用する人が世界中で増えたため、様々な問題も思っているようですが、Zoom側も対応していっていると思いますので、まずはお友達やご家族と使ってみてはいかがでしょうか。

自己責任にはなりますが…

 

Zoomの使い方についての本をはこちらです。→世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

(いっとき品薄になっていたようですが、また増販されたようです)

 

ぜひご自身のお仕事や教室などに、どう使えるかを考えるために、体験していただきたいと思います。

 

初心者向けのZoomの使い方についての本です。

2020年4月以降Zoomがアップデートされていますので、ネットで調べながら設定されると良いかと思います。
世界一わかりやすいZoomマスター養成講座

もし、ZOOMを使って何ができるかという可能性の方が知りたいという方は別の本の方が良いでしょう。ただし使い方の本ではありませんのでご注意ください。
Zoomオンライン革命!



関連ブログ